Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニキビやニキビ跡は酵素サプリでも治せるってホント!?

ニキビ跡が全く治りません!

高校生の時にニキビを放置したおかげでニキビ跡がたくさん出来てしまいました。

すぐ治るだろうと高をくくっていたのですが、治りませんでした。

数年経過をしても治らなかったので、どうしたものかなと感じています。

ニキビは病院に行って薬をもらったらすぐに治りました。

ですがニキビ跡だけは傷跡のようなものですから、中々治りませんでした。

外に出かけるのも億劫になってしまいます。

頑張って出かけても何かが得られるわけではありませんし、退屈な日常を過ごしています。

私の顔の肌が綺麗だったらもっと楽しい人生が会ったのではないかと思っています。

たかがニキビ跡ですが、それによって苦しんでいるのです。

どうにかして治す方法がないかなと探していたらインターネットで情報を見つけました。

それはケミカルピーリングという薬品を使って肌にダメージを与えて回復力を促進するという方法です。

これをしっかりとできる事で、肌が綺麗になるようです。

しかし、お金がたくさんかかってしまいます。

それを考えると難しいのですよね。

お金さえかければきれいな肌が手に入るというのは簡単な話ですが、金額がちょっと高いので、仕事をしてお金を貯めなければらないのです。

仕事は簡単ではないということを知っているので、迷ってしまうのです。

ニキビ跡を治すために効率的な栄養摂取は酵素を取ること?

食生活の乱れから、ニキビはできてくると言えます。

ニキビの跡も食生活を整えることで改善するすることができます。

改善するために、どのような栄養素が必要かあげていきます。

まずは、「ビタミン」です。ビタミンAは皮膚を正常に保ち、古くなった角質を新しくする働きを助けます。

ビタミンB2・B6は糖質や脂質、たんぱく質の代謝を助け、皮膚の修復を促していきます。

ビタミンCは、血流を促進し様々な栄養を体の隅々まで運ばせる働きがあります。

また美白にも効果があるといわれています。

ビタミンEは血流の促進に加え、活性酸素の発生を抑え、シミを予防するといわれています。

次に、たんぱく質が挙げられます。たんぱく質はコラーゲンを生成するために不可欠な栄養素です。

食事で摂取したタンパク質が、アミノ酸に分解され、コラーゲンへとなります。

たんぱく質はビタミンCと共に摂取することで吸収率が高まるといわれています。

もうひとつ、ミネラルを挙げます。「亜鉛」や「鉄」といったものです。

亜鉛は新陳代謝を高める働きがあり、肌荒れにも効果があります。

鉄はコラーゲンの生成に必要なアミノ酸を作るのに使われます。

亜鉛と鉄は、ビタミンCと一緒に摂取することで効率よく摂取できます。

これら以外にもオメガ3系脂肪酸といったものも効果があると言われています。

できるかぎり、バランスのよい食事をとって健康な肌を手に入れましょう。

これらの栄養を効率的に摂取するためには酵素サプリがおすすめになります。

普段の料理で毎日正しい栄養素を取り続けることは、かなり難しいことです。

毎日野菜を切って食べれる環境がある人はいいですが、

なかなかそんな人も少ないでしょう。

だからこそ、ニキビ跡改善に必要な栄養素を摂取することができる酵素サプリがポイントになります。

ニキビ跡を治す正しいスキンケア方法

私は学生時代にニキビが出来やすくてその時に出来たニキビの跡が顎のあたりに残っていることに悩んでしました。

そこで治すためにいろいろとスキンケアを調べてみると正しいスキンケアを行えばニキビ跡を治すことが出来ると知りました。

まず重要なのが保湿です。

保湿をしっかり行うことでニキビ跡の周りの角質が柔らかくなります。

なので保湿力の高い成分でもあるヒアルロン酸が良いと知りました。

また肌の角質が柔らかくなることで美白成分が浸透しやすくなるので結果ニキビ跡が治ると聞いたので美白成分とヒアルロン酸の両方を配合している化粧水を探して使うようにしました。

さらにスキンケアの他にもビタミンCがニキビ跡を薄くする効果があるそうなのでビタミンCを含むブリッコリーなどの野菜を小まめに食べるようにしました。

この方法を半年ほど続けていると顎のあたりにあったニキビ跡がいつの間にか消えていました。

時間は多少掛かったのですが、綺麗に治ってくれたので満足しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする